未分類

リバイブラッシュは、まつ毛を太く長くさせる効果に期待ができるまつ毛美容液です。リバイブラッシュは無添加成分での低刺激が特徴の安全性が優れている事で人気のまつ毛美容液ですが、まつ毛美容液において一番重要なのは育毛効果ですよね?

リバイブラッシュは育毛効果も高いことでも有名ですが継続して使わなければ意味がありません。

なぜ継続した使い方が必要なのか?

まつ毛の成長の仕組みを理解することでリバイブラッシュを効果的に使い続けることが可能になるでしょう。

まつ毛には成長期がある

まつ毛には生え変わりの周期があるってご存知ですか?

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

といった期間があり、これらがまつ毛の一生と言われており、これが終わるとまつ毛は抜けてしまいます。

成長期

まずは初めに起こるのは成長期です。まつ毛が皮膚から生え始める頃は初めは細くて薄い毛ですが、皮膚からの栄養を取り込んで太くしっかりとした毛へと成長していきます。

退行期

まつ毛の成長が止まる時期です。人間にも成長期がありましたよね?毛も同じく、ある期間をすぎると成長は止まってしまいます。それと同時に次のまつ毛が生える準備が皮膚の中で進められています。

この時期のまつ毛は、ちょっとした刺激により簡単に抜けやすくなってしまいますので注意が必要です。

休止期

最後の迎えるのが休止期です。まつ毛の栄養吸収が止まり、次のまつ毛が生える準備が出来たために抜けてしまいます。

 


 

これらのサイクルは人によって異なりますが、若い人だと1ヶ月ですが年齢が上がると4ヶ月といった期間が必要になります。ただサイクルといっても全てもまつ毛が一度に抜けてしまうということはありませんのでご安心下さい。

 

リバイブラッシュは成長期にアプローチ

しかしここで注目したいのがリバイブラッシュを使った場合です。

リバイブラッシュなどのまつ毛美容液はどの期間にアプローチをしているかというと、成長期にアプローチをしています。皮膚に栄養成分を与えることでまつ毛の成長を後押ししているわけです。

毛によって成長期の期間はバラバラです。

  • この毛は今退行期
  • この毛は今成長期

といったようにバラバラですので一度のまつ毛全てのアプローチできるわけでは無いのです。成長期のまつ毛には直ぐに効果を実感できるかもしれませんが、退行期のまつ毛は成長期がくるまで待たなくてはいけません。

ですからリバイブラッシュを使ってもすぐに効果を実感出来るというわけではないことは想像出来ますよね?

まつ毛の成長期は1ヶ月から4ヶ月と言われていますので、リバイブラッシュを使うとする場合も1ヶ月から4ヶ月は様子を見る必要があるわけです。

もちろん一度塗って終わりではなく継続して塗る必要はあります。

結論

リバイブラッシュは継続した使い方をしなければ効果なし!

といった事になります。

まつ毛が抜ける原因はこの周期だけでなく、

  • ストレス
  • まつ毛の傷み

などによっても抜けてしまいます。

日頃のケアや食生活や生活習慣の改善も必要になるでしょう。

未分類

まつ毛にハリとコシを与えることができるまつ毛美容液であるリバイブラッシュは、他のまつ毛美容液よりも安全性が高いことで人気です。

そんなリバイブラッシュを使用する際の化粧水の使い方について紹介していきます。

 

化粧水を使うタイミングとは?

リバイブラッシュを使う際の化粧水のタイミングは、リバイブラッシュの前が正解です。

  • 化粧水の前
  • 化粧水の後

一見どちらも変わりないように思われますが、この違いによってリバイブラッシュの効果を大きく左右させるかもしれません。

リバイブラッシュを含むまつ毛美容液の効果の発揮方法としましては、まつ毛美容液をまつ毛と皮膚に塗り、まつ毛美容液に含まれる美容成分や保湿成分が浸透することで効果を発揮します。

よって、リバイブラッシュを効果的に使用しようと考えると、まつ毛への浸透率が重要ということが分かりますね。

リバイブラッシュを使用するのは、化粧水の前と化粧水の後、どちらが効果的率が高いでしょうか?

答えは化粧水の前なんですね。

それは化粧水に配合されている成分や油分がリバイブラッシュの浸透を妨げてしまう影響があるからです。

リバイブラッシュの正しい使い方として、「まつ毛に皮脂やホコリなどの汚れや不純物が付いていない状態で使用する」ということがあったかと思います。これは何も皮脂やホコリだけでなく、化粧水やメイクなどでも当てはまるのです。

化粧水を先に使ってしまうと、まつ毛にコーディングをした状態でリバイブラッシュを使用することになりますので効果は半減してしまうでしょう。

このことから化粧水を使うにはリバイブラッシュを使用した後というのが正しい使い方です。

正しい順番としましては、

  • 洗顔
  • リバイブラッシュ
  • 化粧水
  • メイク

といった流れです。

また、メイクをする際はリバイブラッシュが完全に乾いた後に使用してください。

リバイブラッシュの容量は?コスパは?

リバイブラッシュを実際に購入しようと考えると、他のまつ毛美容液より少し値段が高いのが気になりますよね。ですが、リバイブラッシュの容量を考えれば、この値段は当たり前なのかもしれません。

リバイブラッシュの容量は1本で6gとなっています。

他のまつ毛美容液は1.5ml、2mlとなっているのに比べて倍以上の量が入っていることが分かります。

実際に使用すると、リバイブラッシュ1本で2ヶ月持つと言われていますので、リバイブラッシュの値段のコスパは悪く無いんじゃないかなと思います。

 

リバイブラッシュが他のまつ毛美容液より容量が多い理由としましては、以下の要因があると考えれます。

  • アイクリームとして使用できる
  • まゆ毛美容液として使用できる

リバイブラッシュは保湿成分が多く配合されているため、目元のシワ対策のアイクリームとしても使用できます。目元のシワが出来る原因は乾燥が原因です。乾燥した目元を動かすと跡となりシワが出来てしまいます。皮膚に潤いを与えることがシワの改善方法でもあります。

また、リバイブラッシュはまゆ毛美容液としても使用することが可能です。まゆ毛美容液はまつ毛美容液の成分とあまり大差は無く、育毛効果、ハリを与える効果、保湿効果、に期待が出来ます。まつ毛美容液はまゆ毛美容液よりも刺激が少ないこともありますので、刺激に弱い人でもまゆ毛美容液として使用することができるかと思いますよ。

 

これらの2つをリバイブラッシュ1本で解決できることから、容量が多くなっているのではないかと考えられます。

まつ毛美容液だけでなく、アイクリームや眉毛にも使用した場合、1本で2ヶ月は持つというのは難しくなるかと思いますが、リバイブラッシュとは別にアイクリーム商品や眉毛美容液を購入したとしても値段やコスパはさほど変わらなくなるのではないかと思います。

結論としましてはリバイブラッシュはコスパ良しと判断します。

リバイブラッシュの保存方法に注意

リバイブラッシュの使い方の補足として、保存方法についても紹介していきます。

リバイブラッシュは未開封で2年、開封済で3ヶ月といった使用期限があります。

まつ毛美容液はまつ毛に当てたチップをそのまま容器に入れて保管しますので、雑菌が増殖しやすい特徴もあります。リバイブラッシュは安全性が高い事をお伝えしましたが、それは成分に拘っているということでもあります。

リバイブラッシュは20種類の無添加成分を実現しており、肌へ刺激となる成分は配合していません。

よって保存効果がある、

  • 保存料
  • 防腐剤
  • アルコール

といった成分は配合されていません。

リバイブラッシュではそれら成分の代わりに、静菌作用のあるBGとペンチレングリコールで品質を保持しています。

リバイブラッシュは1日2回の2ヶ月分と、大容量となっていますが、3ヶ月の使用期限がありますので安心して使うことが出来るでしょう。

ただし、今回紹介した期限は正しい保存方法をした場合の使用期限ですので、高温多湿を避け直射日光が当たらない場所に保存してください。

未分類

リバイブラッシュは安全性が優れていることでも人気のまつ毛美容液です。

そんなリバイブラッシュを使おうと思うと「朝夜の1日に2回使用してください」との記述がありました。

  • なぜ1日2回使わければいけないのか?
  • のどちらの使用が重要か?

といったリバイブラッシュの使い方について紹介していきたいと思います。

 

リバイブラッシュは朝と夜のどのタイミングで使用すればいいの?

リバイブラッシュは1日2回の使用が正しい使い方と言われていますが、どのタイミングで使用すれば良いのでしょうか?

結論からお伝えすると、

  • 朝は洗顔後
  • 夜はお風呂後

の2回が効果的です。

これにはちゃんとした理由がありまして、リバイブラッシュはまつ毛やまつ毛の根本の皮膚に美容成分が浸透することで効果を発揮出来ます。まつ毛にホコリや皮脂などの汚れが付いていると美容成分の浸透を妨げてしまう原因にもなります。

ですので、リバイブラッシュをまつ毛や皮膚に効果的に栄養を与える為には、洗顔後やお風呂後などの清潔な状態が一番効果的だと言えます。

 

朝の使用に注意点

朝の使用の注意点をお伝えします。

朝はメイクをするかと思いますが、メイクをするのはリバイブラッシュの使用後にして下さい。先程お伝えした「美容成分の浸透を妨げてしまう」といった理由からも分かる通り、先にメイクをしてしまうと、リバイブラッシュの浸透効果が低下してしまう恐れが考えられます。

リバイブラッシュはまつエク中も使用することが出来ますが、マスカラなどのメイクをする際は後から使用をしてください。

また、メイクをする際もリバイブラッシュが完全に乾いた状態で使用して下さいね。

 

夜の使用の注意点

夜の使用の注意点をお伝えします。

夜の使用ではお風呂後に使用することをおすすめします。これはまつ毛が綺麗な状態だからという理由だけでなく、お風呂後は皮膚がわからくなっており美容成分が浸透しやすいという特徴があるからでもあります。

お風呂は朝に入るという方も、これを気に夜のお風呂に変えてみてはいかがでしょうか?

また、まつ毛の発育の鍵を握る「成長ホルモン」は夜の10時から2時の間に多く分泌されると言われています。ですからこの時間帯は睡眠をとっておきたい時間でもあります。

 

リバイブラッシュは朝と夜のどちらが重要?

朝と夜のどちらが重要?といいますと、夜の使用が最も重要であると思われます。

  • 成長ホルモン
  • お風呂後の浸透率の高さ

これら2つが大きな要因です。

まつ毛をハリやコシを与えて丈夫なものにするためには保湿が重要です。リバイブラッシュには保湿成分が多く配合されていますので、保湿効果には期待が出来ますが、1日2回使用しなければあまり意味はありません。

リバイブラッシュの正しい使い方としては、朝と夜の1日2回が正しい使い方ですので、より早く効果を発揮させたいという方は朝と夜に使用してみてください。

 

リバイブラッシュの使い方のよくある質問

妊娠中や授乳中でも使って大丈夫?

妊娠中や産後はホルモンバランスの影響で、まつ毛に限らず抜け毛や薄毛に悩まされるかと思います。

リバイブラッシュは赤ちゃんや胎児に悪い影響を与える成分は一切配合されていませんので、安心して使用することが出来ます。

リバイブラシュは、

  • 5つの刺激性試験で安全性をクリア
  • 20種類の無添加を実現
  • 安心の日本製

とった観点から、他のまつ毛美容液よりも安全性が高いかと思われます。

まつ毛美容液には”ビマトプロスト”という成分が配合されている場合があります。ビマトプロストは医薬品で育毛効果に期待ができますが、マウスやラット実験では

  • 流産
  • 死産
  • 早産

といったことが確認されてましので、妊娠中の方はビマトプロストが配合されているまつ毛美容液にはご注意ください。

もちろんリバイブラシュにはビマトプロストは配合されていません。

まゆ毛にも使って大丈夫?

まつ毛美容液もまゆ毛美容液も、実は配合成分的にはあまり変わらないのが特徴です。ですのでまつ毛美容液であるリバイブラッシュをまゆ毛に使用しても問題ないでしょう。

まゆ毛はまつ毛とは違い肌に直接塗る面積が広いことから、刺激が少ないものを選ぶことが大切です。

先程も紹介しましたがリバイブラッシュは、

  • 5つの刺激性試験で安全性をクリア
  • 20種類の無添加を実現
  • 安心の日本製

とった観点からからも安全性が確認されており、他のまつ毛美容液よりもまゆ毛に使用しやすいのでは無いかと思います。

マスカラ中でも使って大丈夫?

マスカラ中はまつ毛美容液は使っては駄目と勘違いされる方が多いのですが、まつ毛美容液の種類によってはマスカラ中でも使用可能です。

使っては駄目、使っても大丈夫なまつ毛美容液の違いは、配合成分にあります。

まつ毛美容液にはマスカラで使用する接着剤の効果を弱めてしまう成分が配合されている場合があります。せっかくマスカラを使ってもまつ毛美容液を使って全部マスカラが落ちちゃったとなっては嫌ですよね。

リバイブラッシュではそのような成分は配合しておらず、マスカラ中でも使用が可能になっています。

マスカラ中ならまつ毛美容液は必要ないと思われる方も多いのですが、マスカラは自まつ毛にとって負担が大きいため、自まつ毛のケアをするためにも、まつ毛美容液の使用はオススメです。

 

未分類

まつ毛のボリュームアップ、コシ・ハリのアップが期待できるまつ毛美容液のリバイブラッシュですが、使い方によっては効果なしといったことがあるのです。

リバイブラッシュの使い方を正しくすることで効果を最速で得られるかと思います。

 

リバイブラッシュの間違った使い方

リバイブラッシュの間違った使い方をしてしまう場合は以下のようなことが挙げられます。

  1. 汚れを落とした綺麗な状態で使用していない
  2. まつ毛の根本から塗っていない
  3. メイクの上から塗ってしまう
  4. 効果が出ないからと数日で使うのを辞めてしまう

このように間違った使い方のポイントがいくつかありますので紹介していきますね。

汚れを落とした綺麗な状態で使用していない

まつ毛美容液というのは、まつ毛とその根本である皮膚に美容成分が浸透することで、まつ毛に効果をもたらす商品です。

そのためには、まつ毛に油やホコリなどの汚れが付いていては浸透率を下げてしまう要因になります。

ですから、リバイブラッシュを効率よく浸透させるには事前に汚れを落としておくのが正しい使い方です。

化粧水や美容液などにも少量は油分が含まれているため、

  • 朝の洗顔後
  • 夜のお風呂の後

などの一番始めにリバイブラッシュを使用してください。

まつ毛の根本から塗っていない

先程リバイブラッシュの効果を上げるには浸透率を上げることが重要ということをお伝えしました。

リバイブラッシュを含むまつ毛美容液は、まつ毛の根本に栄養成分を浸透させることで効果を発揮します。

眼に入るのが怖いからといってまつ毛の先端だけに塗っていては栄養成分は根本に浸透できません

アイラインをひくようにまつ毛の根本にリバイブラッシュを塗るのが正しい使い方です。

メイクの上から塗ってしまう

まつ毛に汚れが付いていると浸透率が下がってしまうということをお伝えしたとおり、メイクであっても例外ではありません。

メイクを先に塗ってしまうとメイクで皮膚やまつ毛をコーディングした状態になってしまいますので、メイクはリバイブラッシュを塗った後にするのが正しい使い方です。

また、メイクをする際はリバイブラッシュが完全に乾いた後に使用してください。

接着剤(グルー)の効果を弱めてしまう成分はリバイブラッシュには配合してませんので、まつエク中でもリバイブラッシュを使用することはできますが、マスカラなどはリバイブラッシュを使用した後に行ってください。

効果が出ないからと数日で使うのを辞めてしまう

リバイブラッシュの効果が出ないからといって数日でやめようと考えてはいませんか?

リバイブラッシュに限らず、まつ毛美容液というのは即効性には期待できません。といいまうすのもまつ毛が成長する期間としましては3ヶ月という期間があるからです。

3ヶ月経ってしまった現在のまつ毛はそれ以上伸びる事はありませんので、次の新しいまつ毛が生えてくるまで待たなくてはいけません。

リバイブラッシュを塗っていることで次に生えてくる毛が、太くて長いのに期待できるでしょう。

 


今回紹介したものを見てみると、どれだけ長い期間まつ毛の根本に浸透させることが出来るかが重要になってくることが分かるかと思います。

毎日継続して使うことで、1ヶ月~3ヶ月後にはまつ毛にハリやコシを与えることで出来るかと思いますよ!

 

リバイブラッシュをアイクリームとして使用?

リバイブラッシュの公式サイトでは「アイクリーム」として使用できるとの記載がされていました。

まつ毛美容液とアイクリームはなんだか違うもののように見えますが、本当にアイクリームとして使用できるのでしょうか?

アイクリームとして必要な要素というのは以下の要因が挙げられます。

  • 保湿効果
  • 水分量を多くする効果

目元にシワが出来る原因として乾燥が挙げれます。乾燥している皮膚が目元の動きによって動かされるためシワとして残ってしまうのです。

リバイブラッシュでは多くの保湿成分を配合しています。

アルガンオイル、スーパーヒアルロン酸、グリチルリチン酸2K、マイオキシノール、プロビタミンB5、アナツバメの巣エキス、加水分解シルク、マリンエラスチン、マリンコラーゲン

これらの保湿成分がまぶたに浸透することでまぶたの水分量を多くすることが期待できます。

また、まぶたは他の皮膚と比べても皮膚が弱い部分でもあります。リバイブラッシュは刺激性が少ない安全なまつ毛美容液としても人気ですので、アイクリームのような皮膚に直接塗るものでも安心して使うことが出来るでしょう。

 

リバイブラッシュをまゆ毛美容液として使用?

まゆ毛美容液とまつ毛美容液は、実は成分的には似たような作りになっており、まゆ毛に使用することが可能です。

リバイブラッシュは、

  • 毛にハリやコシを与える
  • 保湿効果で抜け毛を防ぐ
  • 育毛効果

といった効果がで期待できますので、これらの働きがそのままま眉毛への働きが期待できるでしょう

また、まつ毛美容液はまゆ毛美容液に比べて刺激性が低く作られていることもあることから、まゆ毛美容液であまりいい思いをしなかった人でも安心して使えるかと思います。

リバイブラッシュは効果ない?嘘?口コミから分かった成分の秘密・・・